<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
tuna.be
<< この雨が上がれば君に会いにゆこう | main | ap bank fes >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.06.14 Sunday  | - | - | - | 

ピンクスパイダー

君は嘘の糸張りめぐらし
小さな世界 全てだと思っていた
近付くものは なんでも傷つけて
君は空が四角いと思っていた

「これが全て…どうせこんなもんだろう?」
君は言った…
それも嘘さ…

ケバケバしい君の模様が寂しそうで
極楽鳥が珍しく話しかけた

「蝶の羽根いただいて こっち来いよ」
「向こうでは思い通りさ」

ピンクスパイダー「行きたいなぁ」
ピンクスパイダー「翼が欲しい…」

捕えた蝶の命乞い聞かず
君は空を睨む
「傷つけたのは憎いからじゃない
僕には羽根が無く
あの空が高過ぎたから…」

〈私の翼を使うがいいわ、スパイダー。
飛び続けるつらさを知らないあなたもいつか気が付く事でしょう。
自分が誰かの手の中でしか飛んでいなかった事に。
そして、それを自由なんて呼んでいた事にも…〉

借り物の翼では うまく飛べず
まっさかさま 墜落してゆく

ピンクスパイダー「もう駄目だぁ」
ピンクスパイダー「空は見えるのに…」
ピンクスパイダー「失敗だぁ」
ピンクスパイダー「翼が欲しい…」

わずかに見えた あの空の向こう
鳥達は南へ
「もう一度飛ぼう この糸切り裂き
自らのジェットで
あの雲が通り過ぎたら…」

ピンクスパイダー「空は呼んでいる」
ピンクスパイダー
ピンクスパイダー

桃色のくもが空を流れる




昨日の夜、寝る前に聴いていたhideさんのベストアルバム【PSYCHOMMUNITY】

寝ても覚めても『ピンクスパイダー』の歌詞が何だか頭から離れない。


歌詞をマジマジと意識しながら聴いたのは初めてだったかも。

この曲の歌詞、こんなに奥が深かったのか‥


「井の中の蛙 大海を知らず」

という言葉はよく耳にしますが‥

この曲の歌詞に思わず自分を重ねてしまう。


私もこの《ピンクスパイダー》と同じなのかも。


「もう一度飛ぼう この糸切り裂き 自らのジェットで」
2008.05.06 Tuesday 16:41 | comments(1) | - | 音楽 | 

スポンサーサイト

2009.06.14 Sunday 16:41 | - | - | - | 
ゆに (2008/05/09 11:15 PM)
Good evening!

ピロウズのTシャツ可愛いですねぇー(´ω`*)ピンクとか、大好きだ!
本当にGLAYさんにも価格改革をお願いしたい…。

hideさん、私はGLAYEXPOでぐらいしか思い出さない酷い人間なのですが、“ハレルヤ”とGLAYと一緒に歌うとき不思議なくらいhideさんを思います。

この曲の歌詞初めて読みました。本で見た「羽を休める枝もなければ翼を持ったことすら悔やむかもしれない」という台詞を思い出しました。
みんな自分が持ってないものをほしがるんですね。その真理には目を向けることもなく、手にはいるわけがないからほしがっていられる。
でもほしがることをしなければ手には入らない。

難しいなぁー。